FX比較ランキングSP > FX入門と基礎知識 > どのくらいの通貨単位で取引すべきか

どのくらいの通貨単位で取引すべきか

ご存知だと思いますが、FX取引は最小で1通貨から取引できますが、半数の業者は1万通貨単位〜の取引となっています。この通貨というのは、各通貨の総称でして、米ドル円1万通貨というのは1万ドル、ユーロ円1万通貨は1万ユーロ、英ポンド円1万通貨は1万ポンド、というわけですね。

簡単に言うならば、取引通貨数が少なければ少ないほどリスクも小さくなる、というのが一般的な見方です。では、FX初心者はどのくらいの通貨単位で取引すべきだと思いますか?

FX歴5年の私の意見としましては、最初から1万通貨での取引はいささか無謀だと思います。あまりにもリスクが高すぎます。可能ならば1通貨単位〜、最低でも100通貨単位〜の取引が理想です。まずは少数単位での取引を行ない、慣れてから通貨数を増やしていくのが最善です。

ただし、どの業者でも自由に取引通貨数を選択できるわけでなく、自分がしたい取引の通貨数に応じて業者の選択が必要です。現在1通貨単位〜取引できる国内FX業者は、OANDA JAPANとSBI FXトレードの2社となっています。100通貨単位ならマネーパートナーズでも取引可能です。

FX初心者は可能な限り少ない通貨数で取引を始めること、そしてそれに応じた業者選択をすることがキーポイントであること、お分かりいただけたと思います。

FX最新ランキング