FX比較ランキングSP > FX入門と基礎知識 > 店頭取引と取引所取引の違いとは

店頭取引と取引所取引の違いとは

FX関連サイトを見ていると、「くりっく365」という文字をよく見かけませんか?このくりっく365とは一体何でしょうか?ここで簡単にご紹介できればと思います。

くりっく365というのは実は愛称でして、正式には取引所取引のことを指しています。一方で取引所取引ではない取引に店頭取引というものがあります。この店頭取引と取引所取引の違いは何でしょうか?

FX取引というのは、FXトレーダーが直接市場で外国為替の売買をするわけでなく、仲介者を通して売買することになります。その仲介者に当たるのが、FX業者または金融取引所のどちらかとなります。FX業者を介して取引するものを店頭取引、金融取引所を介して取引するものをくりっく365、つまり取引所取引と呼んでいるわけです。

どちらがお得かは各トレーダーの判断によりますが、以前は、くりっく365での取引には税制面での優遇がありましたが、現在法律が改正され、店頭取引と取引所取引どちらの取引でも課される税金は同じものとなっています。

強いて言うならば、取引所取引は注文する度に取引手数料が徴収されますが、店頭取引に関してはほとんどの業者で無料となっています。取引コストという面では、店頭取引の方が若干秀でているというのが一般的な見方です。他にもそれぞれ特徴がありますから、自分のニーズに応じた取引を選択するのがベストでしょう。

FX最新ランキング